透析

最新の情報

人工透析で心配な医療費について

人工透析はご存知ですか?→岡山透析は西大寺病院がおすすめです!
岡山で透析の治療ができるのです!様々なケアがあり、また理学療法士のアドバイスなども連携しているので、心配ないのです!心強い味方になってくれるので、岡山で透析の治療を行いたい方は西大寺病院を活用しましょう!


人工透析がはじまると、週に3回、だいたい2日に1日は数時間の透析が必要となることから通院への移動や時間的な負担や、シャントと身体へ付けることや尿などが無くなったりすること等など身体への負担、食事なども変わることへの心配、仕事を続けることができるのかなど不安なことは尽きないと思います。
その中でも一番大きな心配の一つに、医療費のことがあるのではないでしょうか。実際、本当にかかる医療費で見ると、1人あたりにつき年間500万円もかかると言われています。単純に計算して、保険の自己負担分3割とすると、実に150万円。本当に大丈夫か不安になりますよね。しかし、その点心配には及びません。健康保険の制度で特定疾病療養受療証というものが発行され、まずは月に最大でも1万円から2万円程度で済みます。
また、住んでいる地域によってはそれに加えた公費の医療費助成制度や、身体障害者手帳の取得によりさらに軽減するようなものもあります。結果的に普通の人であれば、月に数千円程度の負担で済むことがほとんどです。ただし、これらの制度はその人の収入によって多少変動があり、自己負担額は異なります。詳しくは健康保険の組合やお住まいの市区町村に相談してみましょう。
岡山では年々透析を受ける患者さんが増加傾向にありそれに伴って僧籍を受けられる施設も増えています。その施設が今では岡山県民の生活の支えとなっており岡山の取り組みを真似る自治体も近年増えつつあります。

透析患者に必要不可欠なシャントとは

人工透析を開始するにはシャントを作成する必要があります。シャントとは動脈と静脈を体内で外科的に繋ぎ合わせた血管です。透析治療の目的は老廃物を除去することです。その為に血液量を補うため動脈に流れる血液が必要です。シャントは透析治療に必要不可欠なものです。動脈や静脈が細い、位置がよくない等使えない場合があります。
その時は人工血管を作りシャントを作成します。シャントには二種類あり、内シャントと外シャントがあります。現在は体内に作成する内シャントが一般的です。シャント作成には二週間位、入院する必要があります。人工透析は長期高額疾病(特定疾病)に指定、自己負担額を減らす事が可能です。事前に申請が必要ですが、特定疾病療養受療証を受け取ります。この特定疾病療養受療証と健康保険証を提示します。所得によりますが自己負担額を一万から二万に減らせます。高額な治療費がかかる透析治療、必ず手続きをしましょう。
シャントを作成したら管理が必要です。看護師さんだけでなく患者さんの協力も必要です。シャント増設に伴う合併症は狭窄、閉塞、感染症です。シャント部分を圧迫しない、針を刺す部位を清潔に、皮膚や血管の状態を見る。スリル(振動) の有無とシャント音の確認も大事です。シャントに閉塞や狭窄がないか振動や音で確認できます。シャントの管理をしっかり学ぶ事が大事です。岡山ではそういった透析を受ける事のできる施設が身近に多くあり岡山県の方の生活を広く支えています。そういった治療を受けるために近隣から岡山に移住をされる方も近年増加傾向にあります。

透析と仕事の両立は周囲の理解が一番大切

透析通院と仕事の両立には周囲の理解が最も大切なことです。私が以前10年間お世話になった岡山工場でも、夜勤専門勤務で人工透析を受けていられる方がおられました。今振り返ってみて、社長さんはかなり理解がある方でした。通常夜間勤務は健康な方でもかなりきついです。
しかし従業員に頼まれて、採用を決断されましたがかなり悩まれたそうです。昼間の週三回5時間以上は透析を受けるため岡山の病院に通院しなければならない。それが一生涯続くのです。そのため自宅の近くで夜間のお仕事を探されていましたが、なかなか無く友人の紹介で私たちの同僚となりました。その方は性格が明るく愛嬌のある方ですが、何気にお話しを聞くと透析を受けている方の食べ物や飲み物の制限は自分のことに置き換えると本当に大変だと思いました。
そして勤務されてすぐに親睦会と社内旅行は遠慮させてほしいと申し出が会社側にありましたが、社長は却下されました。その理由は後で分かったこのですが、夜間専門なので5年間ほどぐらいしか勤務は無理だろうから、それまでにその人に合った職場を一生懸命探されていたそうです。
それまでの間、通常は経験できないであろう親睦会の雰囲気をぜひ味わってほしい。そしてこの岡山の会社は社内旅行に力を入れていられました。2泊3日の旅行でも、旅先で病院をきちんと確保して参加され、みんなの良い思い出になりました。ですから、両立には周囲の理解力が必ず必要なことです。

イチオシ

2017年05月16日

人口透析が必要な時とは?

腎臓は、体の中の余分な水、血液に含まれる老廃物をろ過し、尿を作り出すという役割があり、血液中の成分の調整や、ホルモンを作り出し血圧や貧血などを調整するといった体のバランスコントロールも担っています。この肝臓の機能が著しく低下してしまった時、人工透析が必要とされています。透析とは、腎臓の機能の一部を代行する治療法です。人工透析を行うことにより、身…

MORE

2017年05月16日

腹膜透析とはどのようなものか

透析の装置として、自分の身体を使う方法があります。それが腹膜装置です。これは腹膜として胃や腸などを使います。こうした臓器には薄く腹膜が覆っています。それを活用して、透析を行うのです。当然ですが手術をすることになります。お腹に管、カテーテルを通して透析液を入れておきます。そうしますと血液中の老廃物や不要な尿毒素などが移動するようにしておきます。透…

MORE

2017年05月16日

人工透析とはどのような

腎臓は人体にとって不可欠の働きをしているのです。ですから、末期的な腎不全になってしまうと体の血液が浄化できなくなります。つまりは、毒素がどんどん身体に溜まっていくことになるのです。では、どうすることになるのか、といえば透析です。近年、非常に増えている治療なのですが外部から血液を取り出し、ろ過してまた戻す、ということをする透析によって腎臓の機能の…

MORE

2017年05月16日

透析に必要になってくる費用

透析治療というのは、額面で見れば結構な費用がかかることになります。まず、一人当たり、およそではありますが外来血液透析では約40万円程度であり、腹膜透析でもその程度はかかるとされています。つまりは、長期的な治療になることが確定的なものですから、費用負担が恐ろしい、と思っている人が意外といるのです。しかし、実は公的な助成制度がしっかりとしています。…

MORE


TOP

Copyright © 2017 岡山での透析と仕事の両立は周囲の理解が一番大切です All Rights Reserved.